«  2016年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年11月24日

先週、お二人の前歯が逆になっている(反対咬合)10代の男性患者さんの定期的な調整を行いました。
たまたま、お二人とも前歯の逆が治っていました。

こちらが感じる以上に前歯の逆(反対咬合)が治ることが嬉しいようで、かなりの喜びようでした。

反対咬合のコンプレックスというのは、年齢・性別を問わずいかに大きいものか改めて実感した先週でした。

2016年11月16日

上下左右の八重歯を気にして相談に来院されましたが、半年後に結婚式があるとのこと。
なんとか結婚式当日になんとかなりませんかとお願いされました。

上下左右の第1小臼歯を抜歯し治療を始めました。

巷でブライダル矯正などというよくわからない治療ではなく、普通に他の患者さんと同じような治療法で行いました。

かなりまじめな患者さんだったことも幸いでしたが、結婚式当日には八重歯は上下左右すべてで治っていました。

これから、まだ残っているわずかなスペースの閉鎖と、上下のかみ合わせの仕上げです。
トータルで1年くらいで終了しそうな感じです。

結婚式間近でなんとか歯並びを当日までになんとかしたいと思っておられる方々、あきらめる前に是非相談にお越しください。

なんとか行けそうか無理なのかは、おおよそ見れば判断が付きますので。

2016年11月14日

先日、小学5年生の相談を受けました。
前歯が完全に逆被蓋の反対咬合です。

お母様は小さい頃から心配してかなり前から矯正に関して相談していたそうですが、
かかりつけ医には永久歯が生えてきてからと言われていたそうです。

さすがに疑問に思われたようで相談にいらっしゃいました。

側貌を見る限りは上顎骨の劣成長と下顎の過成長の複合タイプで、著しい過蓋咬合です。

年齢的に上顎骨牽引装置はタイミングが遅いのですが・・・・・

セファロ分析の結果を見て、相当考えないと難しいです。


とにかく、反対咬合は早く矯正専門の歯科医院に相談が必要です。

2016年11月10日

昨日は始発で羽田に向かいました。帰りの飛行機は会場にある徳島からの便が取れず、高速バスで神戸へ向かい、新神戸から新幹線で帰宅しました。長い道のりでした。

2016年11月 8日

今年(2016年)は徳島で開催なのですが、
ホテルが確保できず明日日帰り予定です。

« 2013年10月 | メイン

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

銀座EAST矯正歯科
銀座EAST矯正歯科
院長:濱田 俊
http://www.ginza-east.com/

日本矯正歯科学会指導医・認定医
歯学博士
臨床研修指導歯科医

東京都指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
国立国際医療センター戸山病院連携医
国立医療センター戸山病院
東京医科歯科大学医科・歯科附属病院医療連携医
東京医科歯科大学