«  2013年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年5月29日

先日、当医院の患者さんの子供について相談を受けました。
患者さんは反対咬合の手術予定で、術前矯正治療中です。

お子さんは幼稚園児で反対咬合だとのことです。

通院中の歯科医院では「様子を見ましょう」とずっと言われてきたとのことですが、さすがにおかしいと思われ相談を受けました。

特に反対咬合が成長と共に良くなることは、基本的には考えられません。
様子を見ていたら治る可能性は皆無です。

では何故「様子を見ましょう」と言われてしまうのでしょうか?
理由は簡単です。
矯正治療の知識が全くないために、何と説明してどうしていいかがわからないからです。

もしも、「様子を見ましょう」と言われたときには「どういう理由で、何故いま様子を見ることが必要なのか」を説明してもらうことです。

「自然と治るかもしれない、永久歯になるまで待ちましょう」といった説明の場合は完全にアウトです。

その場合は「わかりましたと」いって、その歯科医院からはお引きりが最善だと思います。

理由を明確に説明できないで様子を見るなどということは、矯正治療ではありえません。

例えば車の運転中にエンジンから異音がして修理をお願いしたときに、「自然に直るかもしれないし、煙が上がるまで様子を見ましょう」と言われて納得してそのまま運転しますか?

« 2013年4月 | メイン | 2013年10月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

銀座EAST矯正歯科
銀座EAST矯正歯科
院長:濱田 俊
http://www.ginza-east.com/

日本矯正歯科学会指導医・認定医
歯学博士
臨床研修指導歯科医

東京都指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
国立国際医療センター戸山病院連携医
国立医療センター戸山病院
東京医科歯科大学医科・歯科附属病院医療連携医
東京医科歯科大学