«  2016年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 矯正用インプラント | メイン | 矯正治療の限界 »

2013年3月26日

床矯正というのはただの矯正装置の名称です。

けっして、独立した治療方法の一つではありません。


永久歯と乳歯が混在した「混合歯列期」に、幅を広げたり、前歯をスプリングで押したり、下あごの成長を促進させたりといった、この時期にしか出来ないことを行うための装置の総称です。

あごそのものが成長する時期に行うからこそ効果を発揮するものです。
ただし、この装置はあくまで本格的なブラケットを用いた治療を行うための準備として使用するものであって、治療を完結することなど考えられません。

ましてや、成人の患者さんが床矯正で治るなんてありません。


矯正のトレーニングを大学病院の矯正科で受けた歯科医師なら、ほぼ誰でもわかっていることです。


床矯正だけで治ると言われたら要注意です。

銀座EAST矯正歯科
銀座EAST矯正歯科
院長:濱田 俊
http://www.ginza-east.com/

日本矯正歯科学会指導医・認定医
歯学博士
臨床研修指導歯科医

東京都指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
国立国際医療センター戸山病院連携医
国立医療センター戸山病院
東京医科歯科大学医科・歯科附属病院医療連携医
東京医科歯科大学