«  2010年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2010年9月 6日

先日、カウンセリングの際にびっくりしたのですが、床矯正を行っていたという成人の方に遭遇しました

患者さん自身も気がついていますが、基本的に何ら改善したところはなく、ただ横の歯が外向きに広がっているだけです

しかも上あごしか装置を使用していないので、上下の横幅が合わなくなっています


どうしてこのようなことを歯科医が行うのか????


本当に治ると思って床矯正装置を成人に使用しているのか、その治るという仕上がりの感覚が違うのか、一向に理解不能です


同じようにマウスピース矯正も、全てがバラ色のような説明を受けている方もいらっしゃいますが、そんなことはあり得ません


動きが悪ければ部分的にワイヤーやゴムを使用する必要もありますし、痛くないなんて・・・・・・


何事も頑張らなければ良い結果は得られませんので、あまりにも楽に出来ると行った説明にはご注意を

« 2010年8月 | メイン | 2011年1月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

銀座EAST矯正歯科
銀座EAST矯正歯科
院長:濱田 俊
http://www.ginza-east.com/

日本矯正歯科学会指導医・認定医
歯学博士
臨床研修指導歯科医

東京都指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
国立国際医療センター戸山病院連携医
国立医療センター戸山病院
東京医科歯科大学医科・歯科附属病院医療連携医
東京医科歯科大学