«  2009年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2009年10月30日

裏側からのほうが、治療期間が早い場合があります!

前歯のでこぼこを改善する場合は、確実に裏からの方が早いです。


特に、先日出席した2Dリンガルブラケットは、矯正医が予想するよりも速い動きをします


慣れていないと治療もやりにくいでしょうが、慣れれば非常に簡単です。


もちろん、奥歯も動かす治療にはインコグニトを使用します


使い分けすることで、さらに効果的な治療ができます!!

2009年10月29日

昨日、一昨日とリンガルセミナーに出席していました

先日、HPの症例を追加した患者さんに使用していたシンプルリンガルブラケットのセミナーでした!


詳しくは、明日のブログでお話しします

2009年10月27日

銀座EAST矯正歯科のブログ-2D


今日はセミナーに出席しています。

2009年10月21日

一口にブライダル矯正とはいっても様々です.。

一番問題のあるのが、本当は無理なことを短期間で治すのだから多少のことは大目に見てくれといったことを最初に約束させられるような場合ですね


ほとんどの場合は、誠意を持って治療にあたっているはずなのですが、中にはそうでないところもあるので注意してください

部分矯正というのは、歯の動き方の予測がついていないと、とんでもなく悪い結果になりかねませんから、かえって難しい治療とも言えます


安易に考えないで欲しい治療です汗


とにかく簡単に飛びつかないことですよ

2009年10月20日

結婚式前に前歯が曲がっている部分(右の2番目)を治すために、裏側から部分的な治療を行いました。


銀座EAST矯正歯科のブログ-治療前咬合面



1か月後の写真です。


銀座EAST矯正歯科のブログ-治療後咬合面


1か月で改善しました。


裏側からの治療は前歯に限ると、予想以上に早く治ります。

2009年10月17日

客観的に見てきれいな横顔の人に限って、あまり自分の横顔が好きではないというものですね

確かに、自分がどうしても嫌だなぁと思う箇所は、他人に言わせると別に気にならないと言われることが多い気がします


また、大きく拡大した自分の顔写真など芸能人でなければ、ほとんど見る機会はないですね

診断の際に必ずお見せしますので、よく確認していただきたいと思います。

基本は客観的分析結果をお話します。

ここがこうなっているだとか言いにくいこともお話しますのでスイマセン

2009年10月16日

正面からの自分は見ることは出来ても、自分の横顔がどんなふうに見えるのかは通常はわからないですね


よく矯正歯科で横顔のことを説明されると思いますが、実際の所ピンとこない方も多くいるようです


横顔の写真やレントゲン写真で、こんなに口元が出ていたのかとビックリされることが結構あります


携帯電話の写メを使うと自分の横顔を確認しやすいので、気になる方は撮影してみてください。

カウンセリング前に確認しておくと、説明の理解度もかなり高まると思います!!

2009年10月15日

口角がニッとあがるようなスマイル

その時に上唇の水平ラインが上に丸みを帯びるか、水平か、逆に下に丸みを帯びるか?

理想的には水平で口角がやや上にあるようなスマイルがGOODです!


しかし、上の前歯が出ている出っ歯の状態か八重歯だと、出ている歯の上に上唇が乗ってしまうので、上に丸みを帯びるようなスマイルになります


横顔のEラインももちろんですが、正面のスマイルもきれいにすることが大切なので、鏡で確認してみてください。


スマイルと歯並びは密接な関係にあります

2009年10月14日

インビザラインは患者さんがパッと見ると、非常に楽そうに感じるので最も受け入れやすい装置かもしれません。

その代わりといってなんですが、矯正医はきちんとリスクを説明しなくてはいけません

最も強調しなくてはいけないことは、インビザラインの装着時間です。

1日20時間を絶対に切らないように装着する必要があり、患者さん自身が判断して今日は大事な用事があるから使えないので明日はずっと装着しようとか、今回は使用時間が少なかったので1週間長く使おうとか・・・・・


とにかく、それでは治らないということをきちんと説明して納得してもらわなくてはいけません!!


さらに、治療途中で補助的な装置が必要になることがあり、そのときは最大限に協力してもらわないと良い治療結果は保証できないうということもです


でも、カウンセリングに来院される患者さんの話を聞いていると、さらっと話は聞いているだけのようです。

つまり、あくまで表面的にさらっとだけですね


これだと、いずれはトラブルになりかねないと心配してしまいますね


とにかく、矯正治療はどんな装置を使ったとしても、何のリスクもなしに簡単な治療などないということを十分に理解して欲しいです!


つまり、患者さんに良いことしか説明がないときは、一旦冷静になり考えることが大切です。


良いことばかりの治療など、絶対にないと思ってください

2009年10月13日

昨日、インビザラインのセミナーに出席してきました!

今回は、日本人の講師による日本人の治療例を見ることができ、非常に有益なセミナーでした


抜歯症例もきれいに治っていましたね!

いろいろな補助装置を必要としますが、治ることは間違いないですね。


ただし、インビザラインの最も大事なことは患者さんが1日20時間毎日装着してくれることです


それが出来なければ治りません


見えない・痛くないなどの簡単なキャッチフレーズで患者さんに説明することが、

一番良くない気がします。

とにかく患者さんの協力が最も必要な治療法なので、説明するほうも良いことばかり説明するのではなく、正しい説明をしないといけないと再確認した昨日でした

2009年10月10日

昨日、床のワックスがけやらの掃除をダスキンにやってもらいました!

きれいになりますね


専用の機械を使うのと、ちまちま手でやるのとの差、また掃除の経験値の違いは計り知れないものがあります。


やはり、その道の専門家は凄いと実感します


矯正治療も、少しかじったことのあるというレベルの先生と、専門としている場合とでは違うという自信を持ってやっていますので安心してください

2009年10月 9日

最近、カウンセリングの際に感じるのですが、患者さんは良く分かっています

何がかというと治療方針の説明の中の限界や矛盾点、それは素人が考えても無理だろうということなどです。


特に非抜歯治療についての理解が深くなってきているように感じます。

しばらく前までは、非抜歯で出来ませんかというような御希望が多かったのですが、最近は最初から無理だろうとある程度覚悟している方が多いです!


明らかに無理なものを出来るということの説明のおかしさに、患者さん自身が気づいていただける環境になってきたと安堵しています

2009年10月 8日

かみあわせが悪いからという理由はほとんどないです

ほぼ大多数の場合が見た目を気にしているんです!


そこのところを矯正医は十分に考慮してあげないと、誰のための矯正治療だかわからなくなってしまいます!?


言いたいことは矯正医が治療例を発表するためには、誰にも認められる治療計画・結果・安定性が必要です。


しかし、そこに患者さんに無理を強いるような要素が多く入ると、それは矯正医のための治療になってしまう危険があるんです汗

理想と現実は違います。矯正医から見た美しさを追求するあまり、必要ない歯を抜歯したり、インプラントを使ったり、長い治療期間が必要な計画にしたり・・・・たくさんあります。


だからといって妥協することが良い治療でもありません。

そこらへんが一番難しいところなんですね。


治療計画は患者さんごとに様々です。治したいところ・費用・期間・・・・いろいろな要素を加味して、最も良い選択を提示できるようにしていきますので、患者さんも何でも質問と希望を言ってください。

2009年10月 6日

最近、顎関節症の原因がかみあわせが悪いことなので矯正治療を勧められたということで、当院にカウンセリングに来院された方が数人いらっしゃいます.。


そもそも、かみあわせが悪かったら顎関節症になるものでしょうか?


そういう人もいるかもしれませんが、大多数は他の複雑な要因だという考え方が主流の意見だと思います!!


顎関節症の専門の歯科医師の言葉で、なるほどと思ったことがあります。


「もしも、かみあわせの悪さが原因なら、歯科医療事情の悪い国では顎関節症患者があふれていなければいけないが、そのような事実はない」

という言葉です。


皆さんはどう思いますか?

2009年10月 5日

Brilliant moreという歯みがき粉がありますが、歯がつるつるになり歯が白くなります!!

この歯みがき粉は研磨剤ではなく、ステイン(着色など)を歯の表面から浮き上がらせるタイプですアップ


なので、磨きすぎの心配がないのでお勧めです。


磨いた後の感触が気持ちよく、数時間つるつる感が残るのがGOODです

2009年10月 2日

約1か月前に前歯のちょっとしたでこぼこを裏側から治療開始した患者さん。

昨日チェックしたところほぼ治っていました

1か月というのがみそなのですが、今月末に御結婚される患者さんなんですね!!


日程的にギリギリの予想だったのですが、思ったよりも早く仕上がりました


使用した装置はシンプルリンガルというブラケットなんですが、この装置は本当に歯が早く動きます


去年から国内で販売され始めた装置なので、まだあまり多くの医院で使用はしていないと思います。


この材料を取り扱っている会社の方とかなり親しいので、当院は販売開始時から使用しています。

もうかなり多くの患者さんに使用しましたが、うまくいかなかった人はいないですね

しかも、全員が予想よりも早く歯が動き、さらに最近は使用頻度が増えています


このシステムの講習会が今月末に開催されるので出席する予定でいます。


その日は医院を休診にしますのでご了承ください

もうひとつ、この装置を用いた部分矯正は治療費を相当安くしていますので、興味があればお問い合わせください

2009年10月 1日

御相談に来院されるほぼ100%の方が、矯正治療を行う目的は「美の追求」ですね!!

男性の患者さんの中には純粋に機能的な問題を気になされている方もいらっしゃいますが、女性の方は100%といってもいいです


そもそも、今まで普通に生活しているわけですから、矯正治療というものは絶対にやらないといけないという類のものではありません。

しかし、御相談の際に「こういう点でかみにくくないですか?ここは気になりませんか?」という問いかけをすると、ハッとした感じで「そういえばそうですね」という御返答がよくあります


人間は不思議なもので他人に指摘されると、そこがどうにも気になりだすようです。


ところで、矯正医から見て機能的に問題があるところを治療することは、同時に審美的にもきれいになることを意味しています!!

つまり、機能的な問題が解消するということは、その状態は見た目もきれいなのです。

他のことで想像してみてください。容易にあてはめることが出来ると思いますよ

例えば、自動車のスタイル・ゴルフのスイング・家の設計・・・・・・

« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

銀座EAST矯正歯科
銀座EAST矯正歯科
院長:濱田 俊
http://www.ginza-east.com/

日本矯正歯科学会指導医・認定医
歯学博士
臨床研修指導歯科医

東京都指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
国立国際医療センター戸山病院連携医
国立医療センター戸山病院
東京医科歯科大学医科・歯科附属病院医療連携医
東京医科歯科大学