トップへ » 矯正治療中にむし歯ができた場合はどうしたらいいですか?

矯正治療中にむし歯ができた場合はどうしたらいいですか?

矯正治療を一時中断してむし歯の治療を優先します。

矯正装置がついた後は、歯みがきを十分に行わないと装置周囲に歯垢がたまり、むし歯になってしまうことがあります。

そのままにしておくと悪化して、歯そのものをダメにしていまいますので、虫歯になってしまった場合は、部分的に矯正装置をはずしてむし歯治療を優先いたします。

虫歯治療はかかりつけの歯科医院あるいは、当院が信頼できる歯科医院をご紹介しております。
その間、矯正治療を中断することになりますので、矯正治療期間が長くなってしまうとお考えください。

矯正期間短縮のためにも、日頃のお手入れをしっかり行うことが大切です。
毎回の処置の際に必要に応じてクリーニングは行いますが、数週間に一度だけきれいにしても、むし歯の予防にはなりません。

時間のない昼間は、洗口液(たとえばリステリン)など併用して軽く済ませてもかまいませんので、1日1回、夜だけでも時間をかけて汚れを落としてあげてください。

当院では

よくある質問

などお手入れの手助けになるグッズを準備しています。


トップへ » 矯正治療中にむし歯ができた場合はどうしたらいいですか?



TOPへ