トップへ » 歯を抜くことはありますか?

歯を抜くことはありますか?

治療上必要があれば抜くことはあります。

出来る限り歯を抜かないで治療することは、矯正医も患者さまも気持は同じだと思います。

あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合は、あごの大きさを横にひろげ、歯を後ろに動かすことで隙間を作ることが出来る場合は、歯は抜く必要がありません。

しかし隙間を作れなかった場合や、口元が前に出ているのを改善したい方は、十分な治療結果を得るためには歯を抜くことが必要な場合もあります。

インプラント矯正などで、抜歯をしない治療方針の幅がひろがってはきました。

しかし、あごを大きくすることには限界がありますし、インプラント矯正なら何でも可能になるということは絶対にあり得ませんので、当院ではあえて歯を抜く場合もあるとご説明しています。


トップへ » 歯を抜くことはありますか?



TOPへ