トップへ » 2009年6月26日

2009年6月26日

学会発表

・Hamada T, Okuma M, Motohashi N, Ono T.
A case report of chromosome 18 ring syndrome.
64th American Cleft Palate Association Annual Meeting, Broomfield, April
23-28, 2007.

・濱田俊、大隈瑞恵、本橋信義、小野卓史.
Chromosome 18 ring syndromeの一治験例.
第65回日本矯正歯科学会大会、2006年9月13-15日、札幌.

・橋本幸治、濱田俊、小野卓史、鈴木聖一.
著しい下顎骨左側偏位を伴う下顎前突症患者に対し外科的矯正治療を施行した1例.
第65回東京矯正歯科学会大会、東京、2006年7月6日.

・Hamada T, Ono T, Honda E, Ohyama K.
Mandibular distraction osteogenesis in obstructive sleep apnea: a case report.
84th International Association for Dental Research, Brisbane, June 28-July1, 2006.

・濱田俊, 小野卓史, 大塚亮, 前田恵子, 橋本幸治, 井上マリステラ小百合, 工藤淳夫, 大山紀美栄. 著しい下顎後退を伴う閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者に下顎骨仮骨延長を施行した1例. 第64回東京矯正歯科学会, 2005年7月21日, 東京.

・伊藤公一, 川元龍夫, 奥平真理子, 松田明子, 長濱浩平, 濱田俊, 鈴木聖一, 大林尚人, 原田清, 大山紀美栄. 画像解析ソフトを用いた顎変形症患者の咬筋および内側翼突筋における手術前後の形態学的観察, 6月2-3日, 2005, 第15回日本顎変形症学会総会, 2005年6月2-3日, 徳島.

・神田尚治, 本橋信義, 北村 敦, 大久保和美, 鈴木智貴, 松浦多喜子, 伊藤公一, 濱田俊, 川元龍夫, 大山紀美栄: 開咬を伴う下顎前突症患者の異なる術式による硬軟組織変化‐上下顎移動術と下顎枝矢状分割術単独との比較. 第62回日本矯正歯科学会, 新潟, 2003年10月8-10日.

・川元龍夫, 本橋信義, 濱田俊, 深田健二, 神田尚治, 齋藤城世, 鹿野晶, 畑井多喜子, 中川史彦, 小野卓史, 大山紀美栄: 術前矯正治療における上顎小臼歯抜去が下顎後方移動術後の長期的顎態変化に与える影響. 第13回日本顎変形症学会, 札幌, 2003年6月27-28日.

・Suzuki EY, Kitahara Y, Hamada T, Baba Y, Ishii M, Ohyama K: Closure of wide alveolar clefts simultaneous with maxillary advancement by the twin-track distraction device. 5th Asian-Pacific Cleft Lip & Palate Conference, Seoul, Sep 29-Oct 1, 2003.

・濱田俊, 本橋信義, 草山正臣, 草山正臣, 平石有, 北村敦, 大山紀美栄:下顎枝矢状分割法を施した顔面非対称患者の正貌口唇変化. 第61回日本矯正歯科学会,名古屋,2002年10月22-24日.

・北村敦, 本橋信義, 平石有, 草山正臣, 濱田俊, 大山紀美栄:下顎枝矢状分割術を施した下顎前突症患者の正貌口唇変化. 第61回日本矯正歯科学会大会, 名古屋,2002年10月22-24日.

・草山正臣, 本橋信義, 濱田俊, 鈴木優吾, 平石有, 重藤良子, 北村敦, 加藤嘉之, 大山紀美栄:顎顔面骨格の非対称性に伴う歯性の補償機構の検討. 第12回日本顎変形症学会,大阪,2002年7月29-30日.

・大塚亮,重藤良子,畑井多喜子,濱田俊,深田健二,中川史彦,川元龍夫,小野卓史,本橋信義,大山紀美栄:顎変形症患者の長期予後調査におけるアンケート結果.第12回日本顎変形症学会,大阪,2002年7月29-30日.

・北村敦,本橋信義,大塚亮,平石有,草山正臣,濱田俊,五十嵐一吉,小野卓史,黒田敬之:著しい顔面非対称7症例の顎態と咬合機能の関連について.第60回日本矯正歯科学会,東京,2001年10月8-11日.

・草山正臣,本橋信義,濱田俊,鈴木優吾,平石有,重藤良子,北村敦,黒田敬之:顔面非対称患者の顎顔面骨格形態と咬合の関連.第60回日本矯正歯科学会,東京,2001年10月8-11日.

・濱田俊,本橋信義,草山正臣,鈴木優吾,平石有,重藤良子,北村敦,黒田敬之:外科的矯正治療による顔面非対称患者のdental compensationの変化.第60回日本矯正歯科学会,東京,2001年10月8-11日.

・東中川真木子,原田清,濱田俊,大塚亮,小野卓史,黒田敬之,榎本昭二:下顎骨仮骨延長術が奏効した閉塞性睡眠時無呼吸症候群の1例.第11回日本顎変形学会,東京,2001年5月10-11日.

・濱田俊,本橋信義,川元龍夫,重藤良子,大塚 亮,今村尚子,深田健二,中川史彦,小野卓史,加藤嘉之,黒田敬之:下顎枝矢状分割術を施した顔面非対称患者の術後の前頭面顎態パタンの変化.第11回日本顎変形学会,東京,2001年5月10-11日.

・濱田俊,本橋信義,川元龍夫,今村尚子,深田健二,中川史彦,小野卓史,加藤嘉之,黒田敬之: 骨格性下顎後退症患者の下顎前方移動術に伴う側貌変化. 第10回日本顎変形症学会,大津,2000年4月20-21日.

・Hamada T, Suda N, Kuroda T: Immunohistochemical localization of FGFR-1.23 in rat mandibular condyle and tibia. Japanese Association for Dental Research 46th Annual Meeting,Chiba, November 28, 1998.

・濱田俊,須田直人,黒田敬之:下顎頭軟骨と長管骨成長板におけるFGFR3の発現について.第39回歯科基礎医学会,北九州,1997年10月1日.


トップへ » 2009年6月26日



TOPへ