トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 矯正以外の治療を行わない理由とは

矯正以外の治療を行わない理由とは

矯正治療の進化にあわせて、医師は実績を増やすだけでなく、その進化を敏感に察知し、吸収していかなければなりません。

私が矯正歯科の専門医である理由は、あれもこれもできる歯科医ではなく、「歯並びのプロ」として、第一線で、今できる最良の治療を行っていきたいと考えるからです。

人間力のあるプロの歯科医よく、先生は虫歯の治療はやらないんですかと聞かれますが、いつも「やらせたら大変なことになりますよ」と答えています(笑)。

もちろん学生のときは実習もやりましたし、最終学年のときは臨床実習でちゃんと治療していました。
ただ、大学卒業後からずっと矯正治療しか一本でやってきましたから上手くはないのです。
自動車のペーパードライバーと同じですね。

出来ないものを、さも出来るかのように嘘をつきたくないので、患者さんにはご面倒をかけますが、もしも虫歯が出来た場合は、虫歯治療が上手な先生をご紹介しています。
歯を抜いたりする時も同じです。

それが矯正専門でやっている私なりのプライドだと考えています。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 矯正以外の治療を行わない理由とは



TOPへ