トップへ » 矯正歯科 6つのメリット » 小児矯正について » 成長に配慮して、永久歯の歯並びをよくするための治療を行います

成長に配慮して、永久歯の歯並びをよくするための治療を行います

pediatricsお子さまの歯の矯正についてお考えの保護者の方へ。

子供の矯正治療は、将来きれいな大人のかみ合わせになるための準備を目的とした治療です。
矯正をした時点で歯並びをきれいにすることが目的ではありません。
まだ歯の根っこもできていない時期では、あごの大きさの調整はできても、歯のでこぼこを治すことはできませんので、どうぞ目的をご理解の上、お子さまの矯正治療をご検討ください。

◆お子さまの気になる症状
歯並びがでこぼこ(叢生)の場合
出っ歯(上顎前突)の場合
受け口(下顎前突)の場合
習癖(指しゃぶり・乳歯のむし歯・舌を上下の歯の間に突出させるくせ)などが原因となる場合


トップへ » 矯正歯科 6つのメリット » 小児矯正について » 成長に配慮して、永久歯の歯並びをよくするための治療を行います



TOPへ