トップへ » 矯正歯科 6つのメリット » 医院選びのコツ » 現代の歯科矯正のすべて

現代の歯科矯正のすべて

かみ合わせが良いことと、美しい歯並びは同じです。
上下の歯が1本ずつあたっていることを良い歯並びと誤解している方もいらっしゃいますが、本来は下の2本の歯の間に上の1本があたるのが良いかみ合わせの形です。

上下の歯の大きさのバランスが問題になるので、必ずしも全員に当てはまらないこともありますが、これがよい歯並びの基本になります。

では、この理想のかみ合わせと歯並びを手に入れる方法にはどんな矯正治療があるのでしょうか。

矯正治療を行うには、必ず歯に装置をつけなければいけません。多くの患者さまが矯正に踏み切れない要因は、「見た目の問題」と「治療中の痛み」だと思います。

特に、歯の表面に矯正器具をつけて歯を動かす「表側矯正」は、みなさんの中では、ゴツゴツした金属を装着して、いかにも「矯正しています」とアピールするようなイメージがあることでしょう。大人になってからでは、仕事の都合上恥ずかしくてできないと悩まれている方も多いのではないでしょうか。

現在の表側矯正の器具は、とても進化しました。
目立たないことを第一に考えた装置(ブラケット)が多く開発されているのです。
従来のシルバー色のワイヤーでは、どんなにきれいなブラケットを用いてもワイヤーが目立ってしまうことが欠点でしたが、現在はワイヤーの表面がホワイトやゴールドにコーティングされたエステティックワイヤーというものがあります。

その結果、表側の矯正でも驚くほど目立たない治療が可能になりました。
ホワイトワイヤーはコーティングしてあるだけなので、強くひっかいたりすると剥がれてしまいますが、剥がれてきた頃には新しいワイヤーに取り換えるので心配はいりません。

表側からのブラケットがどうしても気になる場合は、歯の裏側にブラケットを装着して治療を行うことができます。
これが「裏側矯正」です。

裏側矯正は以前は、装着当初は話にくい、舌が装置にあたって痛い、歯みがきがしにくいなどのトラブルが起きることがありました。
しかし、最近では新しい裏側用ブラケットの開発により、大きな違和感なく治療を受けていただくことができます。
症例の難易度によって、裏側からだけの治療が困難な場合がありますが、一時的に表側のブラケットやマウスピースなどを使うことで、ほとんどの症例において治療可能です。

たとえば、「インコグニト」という装置は、いかに装置を小さく薄くするかが良く考えられた画期的な装置です。装置の出っ張りが少なく角が丸いので、世に出回っている裏側からの装置の中では、最も違和感が少なく優れた装置だといえます。
開発者がドイツ人だからでしょうか、細かいところまでしっかりしていることも良い点ですね。金で出来ているので、一般的なステンレスの装置と比べると柔らかくて薄いのが特徴です。また、角がすべて丸いため舌が当たるときの感触がよく、発音にもほぼ影響がありません。

さらに金属アレルギーの患者さまにも大変有効です。
ただし、表側の装置より費用が高くなりますので、ご考慮のうえお選びいただきといと思います。

もう一つ、マウスピース型の矯正装置があります。
「インビザライン」や「クリアアライナー」が有名です。
「インビザライン」は精密な歯型をCTスキャンしコンピュータ上で歯を動かして理想とする歯並びになるようにマウスピースを作製します。
一度に動かす量を正確に0.25mmにしたマウスピースを約2週間に一度のペースで交換していきます。
「クリアアライナー」は1回の歯型で1個のマウスピースを順次作製していきますので、簡単な治療にはこちらのほうが適しているでしょう。

ただし、どちらの装置も、ほぼ一日中装着する必要があること、装着当初に痛みがあること、一度に動かす量がわずかであるという装置の性格上から治療期間が長くかかるなどの欠点があります。

大きく歯を動かす必要がある場合には、アタッチメントや部分的にワイヤーを用いる必要もあります。どうしてもブラケットを付けることに抵抗がある場合は、デメリットを十分に納得された上で選択されると良いでしょう。

装置が進歩すればそれだけ治療効果が上がることは間違いありません。
ご予算を考慮し、あなたに合った矯正器具は何かを事前に歯科医師と十分に相談して治療方針を決めることが大切です。


トップへ » 矯正歯科 6つのメリット » 医院選びのコツ » 現代の歯科矯正のすべて



TOPへ