トップへ » 矯正歯科 6つのメリット » 矯正装置の種類 » マウスピース(インビザライン・クリアアライナー)を使う場合

マウスピース(インビザライン・クリアアライナー)を使う場合

straightening+004
表裏を問わず、どうしてもブラケットを装着することに抵抗がある方には、透明なプラスチックで出来たマウスピース(インビザライン・クリアアライナー)を用いた治療も可能です。

インビザラインとクリアライナーの、どちらの装置にも利点・欠点があります。どちらの装置が適しているかは、かみあわせの程度と治療の難易度のより検査・診断後に決定いたします。

ただし、抜歯により大きく歯を移動させる必要がある方、骨格的に問題がある方にはマウスピース(インビザライン・クリアアライナー)のみで矯正治療を行うのは困難な場合があります。

また、予測通りに歯が動かないこともあり、治療期間が長くなりがちです。このような場合は、ブラケットを使用した治療との併用を提案することがございます。

【料金】
800,000円(通常の場合)
880,000円(難症例の場合)


トップへ » 矯正歯科 6つのメリット » 矯正装置の種類 » マウスピース(インビザライン・クリアアライナー)を使う場合



TOPへ