トップへ » 矯正歯科 6つのメリット » 矯正装置の種類 » 上が裏側、下が表側と上下で違う装置の場合について

上が裏側、下が表側と上下で違う装置の場合について

費用と審美性どちらも重視される方には、上下で違う装置をつけることも可能です。

ブラケット装置が見えてしまう上あごには裏側から装置をつけ、下あごは表側から治療を行います。
この治療方法は上下裏側から治療を行う場合に比べて、治療費の総額を抑えることが出来ます。
下あごは目立たないブラケットを用い、ホワイトワイヤーを使用しますので、審美的にも満足していただけると思います。

【料金】
1,000,000円(通常の場合) 
1,080,000円(難症例の場合)


トップへ » 矯正歯科 6つのメリット » 矯正装置の種類 » 上が裏側、下が表側と上下で違う装置の場合について



TOPへ