トップへ » 矯正歯科 6つのメリット » 矯正装置の種類 » 上下表側につける装置について

上下表側につける装置について

straightening+002
歯の表側で矯正を行う場合は、目立たないことを第一に考えた装置(ブラケット)を使用しています。
当院では、患者さまの歯の色、歯の形、口元の見え方などを考慮し、数種類のブラケットから患者さまに最も適したものを選択いたします。

使用するブラケットによって、矯正治療費用が高くなることはありませんので、妥協することなく、ご自分に合った装置をお選びいただけます。

また、審美的には劣りますが、ブラケットとワイヤーの摩擦を軽減させ、治療期間と治療中の痛みが若干弱くなると言われている「セルフライゲーティングブラケット」を選択することも可能です。

従来のシルバー色のワイヤーでは、どんなにきれいなブラケットを用いても歯の表面のワイヤーが目立ってしまうことが欠点でしたが、当院では基本的に、ワイヤーの表面がホワイトにコーティングされた、エステティックワイヤーを使用しています。
その結果、表側の矯正でも驚くほど目立たない治療が可能になりました。

ホワイトコーティングしてあるだけなので、強くひっかいたりすると剥がれてしまいますが、剥がれてきた頃には新しいワイヤーに取り換えますのでご安心ください。

【料金】
800,000円(通常の場合)
880,000円(難症例の場合)


トップへ » 矯正歯科 6つのメリット » 矯正装置の種類 » 上下表側につける装置について



TOPへ